MIG

那須研究所

ミキサー ニーダールーダー 半加圧ニーダー 加圧ニーダー 定量切出機 ボールミル フロー図 アッセンブリー 販売情報

 株式会社 エムアイジー
 埼玉県蓮田市馬込1-248
 TEL 048-764-5801(代)
 FAX 048-764-5813

粉砕 分級


ボールミル
 
 
 
 本体内には、粉砕用ボールが充てんされ、攪拌スクリューによって、粉砕原料が
   効率的にすりつぶされ、微細な粉末をつくることが可能です。
   
 原料の投入は上部よりコンベア等で送られ、ボールミル本体の底部から排出されます。
   本体底部には、攪拌スクリューの先端に取りつけられた回転盤があり、本体と回転盤の
   隙間から排出されます。(粉砕用ボールは、この隙間より大きいものを使用します。)
   
 底部からの排出構造は、粉砕原料が滞留せず効率がよく、さらにメンテナンス性も向
   上しております。水分を持つ原料の粉砕、コンクリート建材に含まれる繊維も粉砕が
   可能です。
   
 ミルとして独立しているため、任意の機器と組み合わせて目的に合った粉砕システム
   の構築が可能となっています。さらに、粉砕原料排出のために特別な装置、動力を
  必要としません。
   
 
 
 
 
ミル形式
 乾式竪型媒体攪拌ミル
粉砕室容量
 730L
駆動モータ
 45kW
ボール径
 15〜40mm
排出方法
 下部排出機構
外形寸法
 H4200 × W1600 × D1500
重量(単体)
 約6500kg
※仕様等は予告なく変更することがあります。 
 

ボールミル

ボールミル ボールミル ボールミル
ボールミル ボールミル ボールミル
ボールミル
 
 

ジェットシフター
 
 
 
 粉流体を空気の流れに乗せて、スクリーンを通過させ、良品とオーバー品とに分級す
   る構造。原料は投入口から分散室に送られ、スクリーン後方からのエアーによって吸
   引され、良品として貯蔵されます。
   
 スクリーンを通過できなかったオーバー品は、分散室下部の排出口より分類されて、
   コンベア等で、必要個所へ搬送できます。
   
 スクリーン後方からの吸引によって、オーバー品がスクリーン上で目詰まりをおこさ
 ない為に、スクリーン後方からブローノズルが回転し、そこからエアーが吐出され、
   連続してスクリーンの洗浄が行われます。
   
 オーバー品の排出口は、エアーシリンダーによってコントロールされ、開閉の調整
 などにより、より高精度の分級が可能です。
   
 帯電性のある粉体等も分級が可能です。
   
  シンプルな構造で、スクリーンの交換も容易。清掃も簡単に行えます。
 
 
 
 鉱産物(石灰石、雲母、珪砂、他)、トナー、カーボン、セラミックス、
 PVC粉体、 フェノール樹脂、 顔料、フェライト、化粧品、植物、食料品等。
 
 
 
 
 

スクリーン面積
(u)

集塵機能力
(u/min)
必要圧縮空気
(Mpa)
所要動力
(Kw)
0.7
32
0.5以上
0.4
※仕様等は予告なく変更することがあります。 
 

900型

ジェットシフター ジェットシフター ジェットシフター ジェットシフター ジェットシフター ジェットシフター ジェットシフター
 
Copyright(C) MIG Co.,Ltd. All Right Reserved.